海外旅行はプリペイドカード持参で安心|もしものときに役立つカード

女性

絶景ブームから南米が人気

海外

空中都市への基本情報

最近絶景ブームで海外旅行先として南米が人気急上昇中です。空中都市マチュピチュを抱えるペルーも例外ではなく、旅行代理店に行けば以前では考えられないほど、たくさんのパンフレットが並びます。そんなペルーのアクセスですが、日本からの直行便はなくアメリカの都市で乗り換える場合が多いです。スムーズにいけば最短20時間程度(乗り換え時間込)のフライトでしょう。また南米の国で心配されるのが治安ですが、ペルーには主な観光地に観光ポリスという、観光客専門の警察官がいて治安を守ってくれています。ただし人の少ない所に行かない、窃盗などに注意するなど海外旅行での基本は守りましょう。公用語がスペイン語なので、観光業に携わる人以外は基本的に英語は通じません。

変わった鉄板観光地攻略法

15世紀インカ帝国の遺跡、マチュピチュはペルーでナンバーワンの人気観光スポットで、ペルーに来てここへ行かない人はまずいません。基本的にはインカ帝国の首都クスコからバスか電車でマチュピチュ村まで行きますが、それではつまらない、冒険したいというチャレンジャーの為に自転車と言う方法もあります。自転車のルートだと途中畑の広がる高原の風景、聖なる谷と呼ばれるエリア(ウルバンバという町もあります)、インカ帝国の遺跡がたくさんあるオリヤンタンタイボなども見応えがあります。マチュピチュ村も温泉があるので空中都市に行く前に疲れた体を癒せます。天候などにも左右されますが片道2泊3日程度、当然アップダウンも激しいので体力のある人向けですが、電車やバスでは味わえない絶景が見られますよ。普通の旅行では刺激がない、と言う人には特におススメです。